2013年9月8日

○仙台スクエアー聖会のセッション1より

◇説教題:「どんなことでもできる」
 説教者: 佐久間典臣

 聖 句: ピリピ4:13

 

 私たちはちょっとした困難に遭遇しても、否定的な気持ちになってすぐに落ち込んでしまい、「ムリムリ」と消極的な言葉を連発してしまう傾向があるかもしれません。結構、人を見ているとそんなことに気がつくのですが、自分はそんなに否定的ではないと思っているものです。でも実際は無意識のように否定的な言葉が出ているかもしれません。否定的な思いで生きていると結果はよいわけがありません。ところが、聖書には、神様が強めてくださるので、どんなことでもできる、と書いてあります。では、その意味はなんでしょう・・・。

 

 2013年9月8日 Part2

仙台スクエアーの聖霊充満聖会の第二部で、中村透先生のメッセージは予定したものではなく、聖霊の導きのままに感動的な素晴らしいものとなりました。讃美もその場の雰囲気を少し味わうことができると思います。最後までご覧下さい。きっと、祝福されるはずです。

 

 2013年9月14日(土)

◇説教題:「ぶどう園の労働者」
 説教者: 佐久間典臣

 聖 句: マタイ20:1-16

 

 この譬話の中にこの世の価値観と神の国の価値観が対比されています。今、生きている私たちがそのどちらの価値感あるいは考え方で生きることができるか。そして、どちらの方がよいのかご一緒に考えましょう。神の恵みの世界へと誘います。

 

 2013年9月21日(土)

◇説教題:「返せない」
 説教者: 中村 透 

 聖 句: ルカ18:13

 

 滅びの穴から誰が救ってくれるだろうか。イエス・キリスト以外にはいないのです。サマリア人の譬話から、救いの意味を易しく説き起こし、中村節が炸裂します。早速聴いてみましょう。

 

 2013年9月28日(土)

◇説教題:「答えられる祈り」
 説教者: 佐久間典臣

 聖 句: マルコ11:24

 

 リバイバルと言えば必ず名前の出てくるチャールズ・フィニーの体験的祈りの教えから、祈りについて考えます。クリスチャンが祈りが答えていただけないと嘆くには理由があったのです。答えられる祈りをご一緒に学びましょう。

 

 2013年10月5日(土)

◇説教題:「祈りの姿」
 説教者: 佐久間典臣

 聖 句: エズラ9:15~10:1

 

 先週に続いて、勝利する祈りの秘訣を学びます。リバイバリストのフィニーが見つけた勝利する祈りの条件をもとに、祈りの欠かせぬ条件を聖書から、わかりやすくお話しします。