2014年7月メディア

2014年7月5日

◇説教題:「主にとって不可能なことがありましょうか」

 説教者: 中村 透

 聖 句: 創世記18:9~12

 

 アブラハムとサラの間に子供が生まれるとの預言に、老齢の二人はどうしたのか。創世記の中でも族長として登場するアブラハムの家系に神が如何に関わられたか、説教者に耳を傾けてみましょう。

2014年7月12日

◇説教題:「無くした銀貨」

 説教者: 佐久間典臣

 聖 句: ルカ15:8-10

 

 イエスの譬話から、失われた銀貨を考える。私たちがこの失われた銀貨であることの意味をあまり理解していないかもしれない。それは、クリスチャンになった後にキリストに似た者へと変容することの難しさに原因がある。しかし、聖書にははっきりと書いてあるので、信仰の問題として正しく理解する必要がある。この大切な真理をわかりやすく解き明かす。クリスチャンの真の意味が分かれば泣けてくることだろう。

2014年7月19日

◇説教題:「隠された宝と真珠の譬話」

 説教者: 佐久間典臣

 聖 句: マタイ13:44~46

 

 最も価値のあるものを見つけたなら、持ち物の全てを売り払ってそれを手に入れるだろう。イエスの譬話から、クリスチャンがどのように変化を遂げてキリストのようにな者に変わるのかを考えます。クリスチャンなら誰もが望む変化をどうして成し遂げることが難しいのか、その理由を明らかにし、本物のクリスチャンになる道を示します。

2014年7月26日

◇説教題:「新しく創造された者」

 説教者: 佐久間典臣

 聖 句: Ⅱコリント5:17

 

 クリスチャンにとって、成長することの意味は大きい。しかし、どのように成長するのは、意外と理解されていない傾向がある。そこで、「生まれたままの人(クリスチャンになる前の人)」、「肉なる人(クリスチャンになっただけの人)」、「霊の人(聖書の書かれた通りに変わり、キリストのように成長した人)」の三種類の人がいることや、間違いやすい宗教上の問題など、ていねいに説明している。