2019年3月ディボーション

3月1日(金)

神に対して、人は兄弟をも贖いえない。神に身代金を払うことはできない。魂を贖う値は高く、とこしえに、払い終えることはない。

詩編49:8、9

 

人間の理解していない現実は、かなり厳しいものです。生まれてきたままであれば、皆罪人で、神の裁きを受けるからです。罪の罰は死と決まっています。今日は魂の贖う値について考えます。さて、人生が上手く行っている時には、人間が高慢になる事を私たちは知っています。そんな人たちがテレビやマスコミをいつも賑わせていますから。人の不思議は、巨万の富を稼いでも満足することはありません。だからもっと稼いでもっともっと貯めようとします。そんな人間にとって、死ぬことが定まっていることは悲劇です。何のために富を築いたのだろうと言いたくなるでしょう。苦労して残した財産は全て他の人のものになります。ただ、ほとんどの人が財産と言えないほどのものしか残せなくても、それでも子供達は遺産で争い、それが原因で絶縁することも珍しくないのです。ましてや、世界一の大金持ちになったとしても、一人の人すらその富で贖うことができないのです。これが人間の現実です。それを理解できた人が知恵を得た人と呼ばれるのです。もう少し考えてみましょう。富が何がしかの欲望を満たすことが一時できたとしても、それを上回る空しさが押し寄せてきます。洪水の水かさが増して上へ上へと逃げ惑う人のようです。急き立てられて、もっと貯めなければ安心できないと思うのですが、逆に財産が増えるほど不安が増してきます。ただ、不思議なのは、それすらも気にせずに生きる人もいることです。その人にとっては、恐ろしい裁きは突然やってきます。もっと魂のことを心配するべきです。「魂を贖う値は高く、永久に、払い終えることはない」と聖書に書いてある通りです。しかし、驚くことに、私たちクリスチャンはすでに贖っていただきました。この世の富よりもはるかに尊い主イエス・キリストの命によって、身代金を払っていただいたのです。主がご自分の命を代価にして、滅びるばかりの罪人の私たちを買い取って贖ってくださったということです。だから、私たちは、この世の富以上のものを知っているのです。神は、この尊い御子を私たちに賜ったのですから、どんなものでも必要なものはくださらないわけがありません。私たちは、こうしてこの世に勝利して生きているのです。

 

3月2日(土)

告白を神へのいけにえとしてささげ、いと高き神に満願の献げ物をせよ。それから、わたしを呼ぶがよい。苦難の日、私はお前を救おう。

詩編50:14、15

 

シナイ山で神と出会ったように、エルサレム神殿で神と出会える、と語り、真の礼拝について神は語り出します。イスラエルの民が神殿礼拝で献げる犠牲の動物は足りているが、神が求めている礼拝はそれとは違う、と諭します。では、何をと問えば、答えは今日の聖句にあります。このことから、古代のイスラエル人だけではなく、現代の礼拝者も共通の悟りが必要です。神が求める犠牲は動物ではありません。詩編51篇でもっと明らかになります。しかし、ここではあなたの課題は、告白です。悔いる心と言っても良いのです。自分を愛するだけでは、神を礼拝できません。私たちが求められているのは、神を愛することと隣人を愛することです。ところが、これは簡単ではありません。そこで、形式だけの犠牲を献げる神殿礼拝がなされたのですが、神はそれを問題視されたのです。今日ならば、礼拝に毎週通っていれば良しということではないということです。ビデオ礼拝しか受けられない遠方の方々は、実は、神の求める真の礼拝に接近しているのではないでしょうか。一人で信仰を全うすることは全ての信仰者にとって必要なことなのです。神を愛しているか、それは自分の生活そのものか、神を愛していると何を持って言えるのか、「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」(マタイ22:37)と「隣人を自分のように愛しなさい」とイエスは旧約聖書から最も重要な掟を示しました。これが、守れていないのなら、悔い改めが必要になります。そして、その贖いとしてイエス・キリストの十字架の犠牲が満願の献げ物となるのです。ここで、ようやく神を呼ぶことができます。これが霊的礼拝です。私たちの礼拝は形骸化した礼拝ではありません。神への愛が問われているからです。神は、あなたが困った時には救ってくださるお方です。これは、本当です。このように、日々助けられて生きる人は、主への感謝が絶えることはないでしょう。この主への感謝が神への愛となり、礼拝となるのです。

 

3月3日(日)

神よ、わたしの内に清い心を創造し、新しく確かな霊を授けてください。御前からわたしを退けず、あなたの聖なる霊を取り上げないでください。御救いの喜びを再びわたしに味あわせ、自由の霊によって支えてください。

詩編51:12~14

 

牧師になって一年目に経験したことが、詩編51篇に書いてあります。それまで、クリスチャンとして知っていると思っていたことが単なる人間の思い上がりで、聖書に書かれたこと全てを信じることすらできなかったのです。しかも、人間の知恵でそれが正しいことだと思っていたのです。しかし、その思い上がりが目を見えなくしていました。神学校では教えてくれなかったことを、しかも決定的に重要な真理を神様が直接教えてくださいました。それは、聖書を読めばちゃんと書いてあることだったのですが、見ても見えず、聞いても聞こえず、という御言葉の通りだったのです。主は、まず、そうした人間の傲慢さに気づかせてくださり、悔い改めへと導いてくださいました。しかも、徹底的な悔い改めです。時間をかけて、罪が示されると、十字架へと向かうのです。そして、目が開けてくると、聖書に聖霊という言葉がたくさん書かれていたことに気がつきました。この聖霊が信仰者が望む正しい姿へのキーワードだったのです。詩編51篇の順番に理解できるように導かれます。清めが必要なのは、聖霊を受けるためです。聖霊の居場所は、清い心です。それは、神様が創造するしか方法がありません。だから、これは人間の努力できることではなく、ただ神様の奇跡によるのです。そこで、祈りが必要になります。願うことしかできないからです。清い心を新しく創造し、そこに聖霊を新しく注ぎ入れていただくのです。そうすれば、新しく生きた者が生まれるのです。それは、驚くほどの喜びです。他に比べることのできない無常の喜びです。個人差はありますが、その人にとって人生最高の喜びです。この聖霊が自由の霊なのです。クリスチャンが自由であると言われるのは、この聖霊のおかげなのです。ですから、神様の授ける聖霊がいただけるように、一心に祈り続けることをお願いします。聖霊に満たされ、神様の愛に満たされて、癒された者となりますように。

 

3月4日(月)

あなたが計らってくださいますから、とこしえに、感謝をささげます。御名に望みをおきます、あなたの慈しみに生きる人に対して恵み深い、あなたの御名に。

詩編52:11

 

ダビデ王物語は、まるで映画かドラマを観ているようです。ダビデの逃避行で助ける者が現れると、今度はそれを見て密告する者が現れます。捕まれば殺されるのですから、命の危機です。このように、人を裏切って密告するようにという社会は恐怖以外のなにものでもありません。人を信頼できなくなります。人が人を信頼することのできる社会こそが平和を約束します。さて、彼はなぜダビデを助けずにサウル王に密告したのでしょう。そこに、その人の頼むものが誰であるかを明らかにしています。ダビデは明らかに神様でしたが密告者は、この世の権力者を選びました。それは、彼が富んでいてダビデを侮っていたからです。人間の常で、時の権力者に擦り寄るのです。しかし、信仰者は神のみを信じているので、ピンチの時こそ神様への信頼を強烈に現します。「あなたが計らってくださいますから」と心から言葉が出てきます。人が自分を陥れようとしても、神様が計らってくださるから、大丈夫だという信仰です。私たちも同じです。私たちは、主のいつくしみに生きています。主は、そのような人に対して恵み深いのです。ですから、その恵みを味わうと、感謝が溢れます。このように、とわに主の慈しみ生きて行くのですから、私たちは主への感謝を生きる限り何度も何度も口にするでしょう。

 

3月5日(火)

神は天から人の子らを見渡し、探される、目覚めた人、神を求める人はいないか、と。

詩編53:3

 

今まで、いろいろなところに行きました。そして、どこにでも目覚めた人、神を求める人はいました。神は探しているというのは本当です。確実に、それらの人たちが救いの招きを受けるのです。これはクリスチャンの場合なら、霊的な真理を求める人、信仰者としてもっと本物になりたいと願うような人に、何か天的なことが起こります。東京で、聖霊のバプテスマの真理を伝えるように導かれ、大胆に行なっていた頃、人が集まってきました。同時に、悪評を立てられたり、迫害も起こりましたが、神の助けがあったので守られました。そのような時に、西日本の長老会に招かれ聖霊の話をすることができました。東京では、聖霊のバプテスマを語るので、危険分子扱いなのでこのような機会はありませんでした。それでも、聖書に書いてあることしか行っていないので、どうすることもできないのです。ただ、初代教会の時代のように、聖霊のバプテスマを受ける人たちが出てくるし、癒しや悪霊を追い出したり、奇跡が起こるので、問題視されました。ただ、バプテスマがたくさん出て救われる人も多くいたのです。そんな時に、今度は沖縄教区からキャンプミーティングの講師に招聘され、大胆に聖霊のバプテスマを受けた証をすることができました。そして、ある牧師が自分の教会で聖霊のメッセージを語ってほしいと招かれました。そこでの講演を終えて、帰ろうとした時に、キッチンにご婦人方が数名残っておられたのですが、その方々こそ、天から見ていた神が探し出した人たちだったのです。それで、その人たちと話し、聖霊のバプテスマを祈りました。彼女たちが霊の恵みを受けたのは偶然ではありません。聖書に書かれたことは本当です。初代教会の時代だけに限定されるという意見は、現実に今も奇跡が起こっているので間違っています。あなたの上にも聖霊はのぞみ、神の愛と命が流れ出すでしょう。「目覚めた人、神を求める人はいないか」と、今も神は天から人の子らを見渡し、探されているのです。

 

3月6日(水)

見よ、神は私を助けてくださる。主はわたしの魂を支えてくださる。

詩編54:6

 

私たちは、日々の些細なことでもすぐに感情を害したり、落ち込んだり、悩んだりするものです。そうなりたくないと思っていても、油断すればすぐに感情を揺さぶられるようなことが見えてくるのです。それでは、どうすれば心を安定させて、感情的にならずにいられるのでしょう。感情に振り回されているうちは、クリスチャンでもすぐに祈ることができません。せいぜい、後で後悔してようやく祈るというような具合です。その時に、もう感情的になって失敗したくありません、と祈ったはずです。その祈りは、どうなったのでしょう。有効なはずです。そこで、感情的になりそうになった時、すぐに大きく息を吸うことです。その一拍が大切なのです。この一拍で、これ以上感情的になれば失敗するに違いない、だから後退して当事者になることをやめよう、と自分に言い聞かせます。以前なら、感情にすぐに飲み込まれてしまったのに、その一歩手前で立ち止まれることに気がつくはずです。特に、人をコントロールしてはいけないことを思い出してください。人間関係を壊します。何の益もないのになぜ、あとあと後悔するようなことをするのでしょう。私たちがイライラする時も、主は静めることができます。つまり、自分でコントロールできることと主に頼らなければならいことがあるのです。聖書には、「神は私を助けてくださる」と、書いてあります。だから、助けていただかなければならない状況があるということです。それを見分けて、主に私たちの魂を支えていただくのです。このことが分ければ、余計なことをしなくなるし、いたずらに不安になる必要も無くなります。いつも安定して、主に感謝することが多くなります。こだわりもどんどん無くなり、人のことも大目に見ることがたやすくなります。気づけば、消極的なことや否定的なことを言わなくなっています。神への信頼感が自分の感情を安定させています。積極的に考えるようになるので、物事が好転してきます。それが普通になると、人生は楽しくなってきます。そのような所へ人も集まってくるのです。神の御力は大きいので、私たちは心配することがないのです。ありがたいですね。

 

3月7日(木)

あなたの重荷を主にゆだねよ、主はあなたを支えてくださる。主は従う者を支え、とこしえに動揺しないように計らってくださる。

詩編55:23

 

 

詩編記者はこう言いました。「わたしは神を呼ぶ。主はわたしを救ってくださる。夕べも朝も、そして昼も、わたしは悩んで呻く。神はわたしの声を聞いてくださる」。このように悩むことがあります。その原因は、人です。まるで敵のように自分を困らせる存在です。詩編55篇は、まさにそのような的に悩まされた事をテーマにしています。同じように悩みに陥ると、クリスチャンは神に頼って祈ります。問題は、祈っても、すぐに敵がいなくなるわけでもないし、相変わらず脅威になっていて、心が動揺してしまう事です。そうなると、うろたえてしまうので、ますます窮地に陥ります。そこで、また、祈ります。信仰の悟りが必要です。今日の聖句を見てください。何度も聞いた言葉です。「あなたの重荷を主にゆだねよ、主はあなたを支えてくださる」とあります。このような約束があるのに、なぜ、いつまでも悩み続けるのでしょうか。「あなたの重荷を主にゆだね」ていないからです。自分を悩ませている事(たいていは人です)が重荷です。それが心にも頭の中にもいっぱいになって、他のことが考えられなくなるのです。苦しみがエンドレスになるので、最悪です。聖書で何か良い言葉を探したり、祈ったり、賛美歌を歌ったりして、そしてまた自分であの人はこう言った、あんな事をした、とはじめからやり直すのです。これでは主に全くゆだねていません。自分を苦しめる本人がその場にいなくても、ビデオを再生するように思い出しては苦しみを何とか克服しようとむなしく戦うのです。「主は従う者を支え」と書いてあるのに、従いません。最悪なのは、そのことに気がつかないことです。肝心な事を何もわかっていないのです。「重荷」とは何か、「主にゆだねよ」とはどうする事か、「主に従う者」とはそのような人のことか、この三つの言葉を説明できるまで考えてみるのです。「重荷」は自分で負うには重すぎる事柄です。自分に悪意を向ける人や、自分を批判して退けようとする人や、上司や同僚に先生、時には親や親類、それにライバルや利害関係で争う人、知人、友人、誰でも力を持ってコントロールしてくる人は、精神的に追い詰めて来るので脅威となります。つまり、はじめから自分の力では抵抗できない大きな力のことですから、自力で解決できないから「重荷」なのです。聖書で「重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」と言われたのはイエス様です。だから、この問題は、イエス様のもとへ行くことで解決することです。「主にゆだねる」というのは、自分の力で何とかしようとする事をやめて、本当に主に祈って解決してくださると信じて待つ事です。だいたい、このような苦しみが続くときは、悪魔が背景にいて攻撃していることがほとんどなのです。そこで、霊的な戦いにあると自覚して、信仰で戦います。悪霊は相手がひどい事をしていても、自分が悪いからだと思わせようとします。そうなると、戦えません。そうやって悪霊は勝利してきたのです。だから、自分だけで戦うことは危険でもあります。そこで、イエス様と一緒に戦います。というか、イエス様の背後に隠れているといえばいいでしょうか。イエス様を前面に出すイメージです。イエス様が出てくれば、悪霊たちは恐れおののいて逃げ出します。イエス様の後ろからそれを見ていればいいのです。悪霊のコントロールに縛られないように、イエス様の支配に進んで従うのです。イメージとしては、車の運転を考えてください。ハンドルは一つです。だれが運転しているか、私かイエス様か、イエス様が運転して助手席に自分がいる、ということです。また、霊的に強められるように、聖霊を求めて満たされるように祈ることも重要です。動揺しないように計らってくださるという御言葉は真実です。それも、永久にです。だから、安心してハンドルをイエス様に任せましょう。

 

3月8日(金)

神を呼べば、敵は必ず退き、神はわたしの味方だとわたしは悟るでしょう。神の御言葉を賛美します。主の御言葉を賛美します。神に依り頼めば恐れはありません。人間がわたしに何をなしえましょう。

詩編56:10~12

 

「人間がわたしに何をなしえましょう」という御言葉は、私たちが学ぶべき真理なのです。何をしても人間関係があれば、苦手な人や圧力をかけてくる人がいるものです。また、気づかずに相手に嫌われることだってあり得ます。感性の違いや感受性の違いで問題が起こって行くことは珍しくありません。それでも、経験から人はうまく人間関係を築いたり、距離を上手に取る事を覚えたりします。また、敏感すぎる人や鈍感すぎる人は、もう少し神様から助けていただき知恵を授けていただく必要があります。無防備にならずに自分を守ることも大切な事です。ところで、サタンの意味は「敵」です。そこで、聖書で敵と出てきたら、背後にサタンの存在を思い浮かべるべきです。同じように現実の世界でも、本当の敵はサタンなのです。人間を使って苦しめようと考えているような存在が見えないところにいるのです。だから、人間が敵だと考えるような状況になったら、落ち着いて、背後にサタンがいると見抜いてください。そして、「神を呼べば、敵は必ず退き」と書かれている事を覚えてください。神様はあなたの味方なのです。これ以上心強いことはありませんね。そして、神様に依り頼んだ生き方を身につけてください。それは、自分が人間を恐れなくなったかどうかで計ることができます。万が一、敵意をむき出しにしてくる人に脅かされたら、「人間がわたしに何をなし得ましょう」と唱えるのです。心にゆとりが出てくるまで続けましょう。今日の御言葉を暗唱しておけば、もっと心が強くなれます。本来、人間関係は楽しいものです。ですから、クリスチャンは罪と死とサタンによって壊されている人間関係をイエス様の御力で赦しと愛に回復する役目を担っているのです。そのために、サタンは恐れさせようとします。恐れは、不信仰なので、愛の回復という尊い役目を実現できなくなるからです。クリスチャンにとっての戦いは、愛の回復という戦いであると覚えていましょう。

 

3月9日(土)

天から遣わしてください、神よ、遣わしてください、慈しみとまことを。

詩編57:4

 

Hさんは、心の病に苦しんでいます。病名もつけられないので、対処療法のようなことしかできません、でも重症です。家族も傷つき、毎日泣いて暮らしていました。希望がどこにも見出せません。お父さんも心が弱く、Hさんに怒鳴ってしまいます。お兄さんからも嫌われ、頼みのお母さんも疲れ果て老いてきました。Hさんはイエス様を信じています。それで、夢にイエス様がよく現れるのです。とても優しく何か話しかけてくれるのです。Hさんは、それがイエス様であるか、それとも妄想なのか気にしています。近所の教会はHさんを上手に受け入れられなかったようで、教会には行っていません。聖書は一人で読んでいます。彼女の孤独と辛さは、生半可な慰めの言葉を締め出します。長続きする人間関係は家族と作業所の人と牧師以外にはありません。Hさんは、よく絶望したメールをよこします。Hさんになんて言えばいいのでしょう。大抵のメールにはその場ですぐに返事ができます。しかし、時々、パソコンの前で考え込んで返事が書けないことがあります。聖書の御言葉が一番良いと思うのですが、どの御言葉が今一番必要なのか考えてしまいます。預言者ならいいのにと思う時です。さて、今日の御言葉はどうでしょう。・・・・・そう、Hさんに必要なことは、天からの「慈しみとまこと」です。私たち誰もが、この御言葉のように祈りたいですね。

 

3月10日(日)

人は言う。「神に従う人は必ず実を結ぶ。神はいます。神はこの地を裁かれる。」

詩編58:12

 

北朝鮮のキリスト教徒への弾圧は世界で一番酷いのですが、その実態は知られていません。韓国はキリスト教国となるほど信仰熱心であることが知られていますが、実は、北朝鮮の方がもっと純粋に信仰心の熱い人たちが多いのだそうです。今もおそらく5万人ものクリスチャンが強制収容所に入れられ、生死も定かではないそうです。ニュースにもなった生きて強制収容所を出てきた女性の話に驚いたのですが、収容所で出会った人は、困難の中で伝道し、苦しみの中で異言で祈っていたそうです。詩編に出てくる詩は敵に苦しめられている人が神に、憐れんで助けてくださるように嘆願する内容のものが多くあります。これは、今日も迫害が予想されていたからです。どう祈ったら良いのかわからない時、聖書の御言葉が祈りとなるのです。異言で祈っていた人は、きっとどう祈れば良いのかわからなくなって、聖霊に祈りを任せたのでしょう。こうした迫害に遭っている人たちも、何か深い意味があってこのような状況に置かれているのです。その人たちの置かれた状況がどんなに過酷なものであるか、想像もできません。しかし、そこに祈りがあり、神は生きています、だから天からの不思議があるはずです。私たちにできることは、彼らのことを忘れないことです。そして、主に北朝鮮の迫害が止むように、積極的に祈る事です。米朝会談が話題になりましたが、トランプ大統領は、彼らのために人権問題を改善するように交渉したはずです。大きな力が働いて、主が迫害されているクリスチャンを一刻も早く救ってくださいますように祈りましょう。

 

3月11日(月)

わたしは御力をたたえて歌をささげ、朝には、あなたの慈しみを喜び歌います。あなたはわたしの砦の塔、苦難の日の逃れ場。

詩編59:17

 

若い時から親しくしていた人が亡くなると、とても悲しいものです。最近も高校生の時から知っていた人が亡くなったことを知りました。彼は牧師の子供でしたが牧師にはなりませんでした。でも、気持ちの良い男で、頭も良いし信頼できる人でした。彼の亡くなった時の年齢が61歳だったので、納得がいかないのかもしれません。100歳を超えて亡くなられる方も珍しくない時代に、どうしたのだろう、と思ってしまうのです。自分より若い人なのに、なぜ、と問いたくなります。人間にとっての本当の敵は、罪、死、サタンです。この三つの敵から救うのでなければ、誰も救われません。そして、イエス・キリストは十字架でこの三つの敵に勝利されたのです。だから、本来私たちは怖がるものがもうないのです。それなのに不安を覚えるのは、いまだに弱く、完全ではないからです。主は、そんな私達をいつでも愛してくださり、恵みを与えることを惜しみません。そのことがわかると、感謝は自然と湧いてくるのです。それでだけでもありがたいのに、いざとなれば主が私たちの逃れ場となってくださるのです。こんなに心強いことはありません。私たちは主を賛美することを知っています。その不思議もとうに味わっているはずです。ですから、死に脅かされた時には、主を賛美することです。自分に与えられた時間がどれほどあるかは誰も知りません。しかし、主は間違わないので、ちょうど良くできているのです。天国で、再会できる喜びも楽しみとなります。

 

3月12日(火)

人間の与える救いはむなしいものです。神と共に我らは力を振るいます。

詩編60:13、14

 

クリスチャンの生き方は随分独特です。この世の人とは明らかに違っています。もし、この世の人と大差無いと言う人がいれば、その人はまだ神も恵みも知らない人です。この世の賢い人ですら、その人の心で考えることがその人の人生になっている、と言うでしょう。心の不思議です。ところが人間にとって、その考えを変えることは難しいのです。つまり、楽観的に考えなさいと、言われても、それが簡単にはいかないのです。何しろ、心は勝手に何かを考え、一つの傾向を持っているからです。それが否定的だからダメなんだと言われても、そんなことはわかっているけれど変えられないと反論したくなります。そこで、この世に自己啓発セミナーのようなものが溢れていますが、限界があるのです。聴いているときはその気になれるのですが、時間が経てば元に戻ってしまいます。そのようなことを聖書は、「人間の与える救いはむなしいものです」と諭します。ですから、あなたが、自分でも頑張っているのに思考を変えられない、と嘆息するのは当然なのです。ところが、クリスチャンは自力に頼らないで、神様に助けていただくことが正しいと教えます。人間にはできなくても、神様に不可能はないからです。そして、イエス様がこの地上に降ってこられたのが私達を探し出して救ってくださることだったように、別の助け主である聖霊を送ってくださり、私たちに内住させてくださったことで、「神と共に我らは力を振るいます」と言えるようになったのです。ですから、神様にすがって生きればいいし、自分が神様に豊かに祝福されていることを認めて、感謝する習慣を身につけることです。その先には、いかに神様が良くしてくださっているかを体験して驚くほどの恵みに感謝する日々を過ごすとになります。それまでに試練をくぐる事もあると思いますが、それは、不信仰を砕くために必要な事なのです。それは否定的な思いを消し去るためと言い換えて良いのです。自分一人ではできないことが神様が共にいてできるようになるのです。

 

3月13日(水)

心が挫けるとき、地の果てからあなたを呼びます。高くそびえる岩山の上に、わたしを導いてください。

詩編61:3

 

今年も3.11を迎え、復興の難しさを実感しました。昔のような普通の暮らしが戻ることはないのですね。津波の後の無残な姿をテレビは何度も映し、嫌でも思い出してしまいます。そんな中で、三陸鉄道の女性運転士の宇都宮聖花さんが震災の後、東京の西武鉄道に就職したのに、結局、故郷に戻り三陸鉄道に転職したそうです。三陸の美しさは以前とほとんど変わらないと彼女は言います。そして、人前に出たくないが復興のために役立つならテレビに出演しようと思った、と語っていました。男性ばかりの職場で、大手鉄道会社ではしなかったトイレの掃除や車内の清掃、車両点検もなんでも頑張っている姿に感動しました。地震の時には泣いていたそうですが、一緒にいた友達が手を引いてくれて、逃げたそうです。友達も親族も知っている人たちが何人も犠牲になり、亡くなりました。どんなに悲しく、辛かったことでしょう。今日の聖句は、彼女のような人たちに知って欲しい祈りです。あれから8年の月日が流れ、いろいろなことがありましたが、心が挫けるとき、私たちは主を呼びます。不安で足元が崩れそうな時に、信仰も弱り、とうとう心が挫けてしまったとしても、私たちは主を呼びます。頑張る事もできなくて、自分を責めてしまい、失望しても、そんな時ですら、私たちは主を呼びます。そして、「高くそびえる岩山の上に、わたしを導いてください」と、願うのです。主は、あなたの声を知っています。だから、あなたが呼べば、必ず応えてくださいます。そして、あなたはキリストの上に置かれていることを知るでしょう。あなたが一番安心できる所です。そうであれば、あなたは自分の居場所を知るし、あなたのするべき使命も知るでしょう。主の恵みが今日もありますように。

 

3月14日(木)

わたしの救いと栄えは神にかかっている。力と頼み、避けどころとする岩は神のもとにある。

詩編62:8

 

世の中の全ての人に好かれることは難しい。それなのに、私たちは全ての人に好かれたいという欲求があるのだ。そして、学校や会社やコミュニティーで人の集団の中に入って行き、全ての人を好きになることの難しさを知る。同時に、全ての人に好かれる事も難しいと思い知らされる。そして、自分が一緒にいてリラックスできる人を見つけようとする人は人間関係が楽になり、自分をありのままに受容してくれる人を求める人は欲求不満が募って行く。人間は自分の個性や癖を理解して、一番生きやすい方法を見つけることが最も大切なこととなる。ところが、多くの人は自分を理解しようとはしないで、苦戦している。キリスト教のすごいところは、そんな雑多な人々をありなままで全員救ってくださるイエス・キリストがおられることだ。そこで、私たちは神を知ろうとする。それが一時のことではなくて、一生のことになる。不思議だが、神を知ると自分を知ることができる。自分を知れば、悪いところを変えることができるのだ。さらに、信仰者がそのようになって行くと、「わたしの救いと栄えは神にかかっている」と人生で重大なことを悟ることができる。事実その通りなのだが、クリスチャンでもこの世の事と信仰は別物だと分けている人がいる。例えば、時給1000円で1日8時間働いて8000円稼いでいる人がいる。この人は、給料をあげるためには、働く時間を多くするしかないと思っている。しかし、時給が1600円になれば、1日5時間働けば同じ稼ぎになる。つまり、時間を多く働いて稼ぐのはその人の努力が重要になる。ところが、1日8000円でも仕事量が決まっていて、5時間で終わらせる方法を見つけられれば、時給は1600円になる。さらに、仕事をそのように効率的にこなせるノウハウがあるのなら、それがお金を産むようになる。もはや時給の何十倍にも何百倍にもなるだろう。そのようなことが可能な世界に私たちは生きているのだが、もっと安い時給でも働いている人たちもいる。その人たちは不平を言っているだろうか、たとい不平を言っていても、辞めないのはどうしてだろう。私たちは、そんな人たちを不思議に思う。クリスチャンは救いと栄えは神にかかっていると信じている。クリスチャンでも学びの浅い人は、救いだけが神の仕事だと思っているようだが、栄える事も神にかかっているのが真実なのだ。大事な事は、救いと栄えの両方が必要なことだ。お金に目がくらむ人、お金の欲に負けて行く人、お金持ちになって多くの苦労を背負う人、この世でそんな人は珍しくない。しかし、空しさがいつも心にある。救いが無いのが原因だし、避けどころと言える救い主が有るか無いかで大違いなのだ。だから、クリスチャンは、この世の人に習ったり、学んだり、するものを厳選しなければならない。すでに与えられているものが宝であることを思い出そう。超自然の力であなたを助ける主がいるのなら、あなたの人生を主に任せる事も大切になる。

 

3月16日(土)

わたしを隠してください、さいなむ者の集いから、悪を行う者の騒ぎから。

詩編64:3

 

神様にはなんでもできるので、祈りは慎重に考えて言葉を選ぶべきです。それは、今日の御言葉のように祈ることができるからです。悪い人やあなたにストレスをかける人の目からあなたを隠してもらうという祈りです。このように祈って、避けたい相手が自分に気づかないとしたら、どうでしょう。相手が見てもあなたが見えていないように感じるかもしれません。それだけでストレスが減るでしょう。また、神様があなたを隠しているように、あなたが嫌だと思う場面に遭遇しなくなれば、どんなに過ごしやすいでしょう。疲れてしまった時も「わたしを隠してください」と祈りたくなるかもしれません。神様があなたを守ってくださるので、安心ですね。

 

3月17日(日)

罪の数々がわたしを圧倒します。背いたわたしたちをあなたは贖ってくださいます。いかに幸いなことでしょう、あなたに選ばれ、近づけられ、あなたの庭に宿る人は。恵みの溢れるあなたの家、聖なる神殿によって、わたしたちが満ち足りますように。

詩編65:4、5

 

おそらく、私たちは、罪のせいで人生をよりよく生きてくることが出来なかった。ダビデでなくても、罪に気づかされれば、罪の数々に圧倒されてしまうだろう。一旦罪がわかると、最悪となる。もし、イエスが十字架で罪を贖ってくださらなければ、なんの希望もなかった。イエスを信じて救われるということは、ものすごいことだ。ダビデは天才なので、見事に言葉で表現してみせた。それは、救われた人とは、神に選ばれた人のことで、罪の問題を神自らが解決してくださり、その上で神の家である聖なる神殿の庭に住まわせてださったのだ。それには心当たりがある。イエスと父が聖霊となって、私たちの内に住まわれる。三位一体と言われるぐらいだから、説明はできないかもしれないが、言わんとすることはわかる。ダビデが詩で表したように、私たちも救われて神の神殿で満ち足りることができるようにされた、ということだ。神が住まう所こそが神殿だ。それこそが私たちだとパウロは教えている。かつては罪の道具だったものが、今や主に贖われて、神殿に変えられたということだ。だから、自分を正しく評価しよう。何しろ、自分の内には聖霊が宿り、命となってくださっているのだ。それだけではなく、聖霊は、まさに霊の実を結すばせてくださる。その実とは、キリストの品性のことで、愛という言葉で代表することができる。あなたは、いつだって聖霊の力を信じて、あなたを聖霊は何と評価しているのか知ることができる。そして、正しい自己評価が自分の自信となるのだ。このようにして、人生をより良いものへと変えることができる。何しろ、恵みに溢れた神の神殿にあなたはなっているのだから。

 

3月18日(月)

神は我らの魂に命を得させてくださる。我らの足がよろめくのを許されない。

詩編66:9

 

1テサロニケ5:23に、「霊も魂も体も」と書かれています。これが人間です。目に見えている体だけが人間ではありません。確かに、私たちの自覚として霊的な存在であると言えるのです。その「霊的」ですが、霊と魂の二つです。もちろん、目に見えません。これを一つのように考える学者もいますが、これは書かれた通りに二つととる方が良いのです。魂は肉と同じように滅びるものです。それは、罪を裁かれる神によってです。つまり、魂は死ぬことができるのです。そこで、魂は滅ぼすことができるのです。もちろん、それは神のみに可能なことです。人間も悪魔も決してできません。だから、イエスは、恐れてはならないと言われたのです。同時に、罪の故に滅びるはずの魂が、イエスによって命を与えられるのです。神はあなたの魂に命を得させてくださいます。そればかりか、あなたの人生でよろめくようなことは主が許しません。あなたは、安心して堂々と生きていけます。あなたは気がつかなくても、主のお守りがあるのです。あなたがそのように主の祝福が見えるのなら、あなたは心が楽になって感謝が自然と溢れてくるでしょう。これからも胸がドキドキしたり、不安の暗雲が垂れこめるようなことが待っているかもしれませんが、その時こそ、主があなたにどれほどの愛を注いでいるかがよくわかるチャンスなのです。あなたは、神の御業をご覧になって、喜びが爆発するでしょう。あなたではなく、神が問題を解決するのです。それも絶妙のタイミングで、これ以上ない解決を与えてくださいます。あなたは、その感動を賛美にするのです。ますます、あなたは恵みで満たされるでしょう。あなたは感謝することが多くて、感謝するたびに感動するでしょう。「主に恵まれた人」、それがあなたです。そのことを祈りの中で考えてみましょう。あなたの心に良い変化が生じるはずです。主への絶対的な信頼が、あなたを強くして行くのです。

 

3月19日(火)

神がわたしたちを憐れみ、祝福し、御顔の輝きをわたしたちに向けてくださいますように、あなたの道をこの地が知り、御救いをすべての民が知るために。

詩編67:2、3

 

私たちが祝福されていることは事実です。教会に籍をおくようになると、祝祷という言葉を聞くようになります。これは、礼拝などで定型の祈りとして何度も耳にするものです。その中で、神が御顔を向けてくださるように、という言葉が祝福を象徴的に表しています。私たちが祝福されているという事実は、個人的に生活が楽になるとか恵まれているということだけの話ではありません。「道」というのは、「キリスト教」と置き換えても良い言葉です。「福音」という方が今ではより良いでしょう。というのも、福音をすべての民が聞き、救われて、神を礼拝するようになることが目標となっているからです。ですから、教会は福音を伝える機関であり、それによって救われた人に洗礼を施し、クリスチャンとして成長し、キリストに似たものへと変えられることを手助けするものなのです。ですから、私たちは聖なる者へと変えられることを神に期待できるのですが、信仰は何もしないでおくと弱くなってしまうものなので、個人的に神との交わりが必要になります。それは、難しいことではありません。今日の祈りの通りにすれば良いからです。主の御顔の輝きを向けられた人は、信仰が燃え上がり、じっとしてはいられないのです。このような御言葉を自分の祈りにできる人は幸いです。

 

3月20日(水)

主をたたえよ、日々、わたしたちを担い、救われる神を。この神はわたしたちの神、救いの御業の神、主、死から解き放つ神。

詩編68:20、21

 

 

私たちは長生きしたとしてもせいぜい百年にすぎません。しかし、私たちの神は永遠の昔からおられるお方なのです。その時間の差は圧倒的で、到底人間が神を全て理解するなどできないのです。その神はあなたを創造された主ですから、あなたを大切に思ってくださいます。初めの人間であるアダムが罪を犯したために、私たちまで罪の呪いの中で生きていかなければなりませんが、イエス・キリストが救いに来てくださったので、呪いは解かれ、罪からの救いも実現したのです。それでも、私たちの弱さは相変わらずで、今は大丈夫であっても、次の瞬間悩みの中に落ち込むことも珍しくないのです。それらが皆罪に繋がっていることも否定できません。その証拠に、私たちは自分の力でなんとかしようともがくのですが、まるで底なし沼に誤ってはまってしまった人のようになって、もがけばもがくほど泥沼に沈んで行くのです。もし、神が助けてくださらなければ、この底なし沼から出ることはできないのです。神の助けは明瞭で、岩であるキリストの上に立たせてくださいます。つまり、キリスト無しには誰も救われないということなのです。自分に囚われていると狭い独房に入れらている囚人のように、独房の中をグルグル回るいるだけで解放がありません。自分から目を離してキリストに集中するなら、驚くほどはっきりと解放があります。悪魔は、そのことを知っているので、人間を騙そうと攻撃します。それは、肝心な時に祈れなくなったり、神やキリストを忘れてしまうことに現れています。そうなると、恐ろしいほど落ち込むことになります。なぜ、こうなるかと言えば、御言葉の力を軽視しているからです。御言葉は霊であり命なのです。半端ではない力が秘められているのです。神はあなたを放って置かれるようなことはしません。毎日、あなたを担って、救ってくださるのです。これは、聖書に書かれているので真理なのです。あなたは、難しく考えすぎるようです。それは、真理からそれていく道です。自分の考えを優先すると危険なことだってあるのです。ですから、まずは今日の聖句を身につけましょう。あなたが自分ではうまく生きることができないと嘆くような日も、実は、あなたは主に担われているのです。それなのに、主の手を振り払って、自分で困難な道を歩こうとすれば、すぐに倒れてしまうでしょう。倒れてから主に起こされるよりは、はじめからイエス様の車の助手席に座っている方がはるかに良いのです。そんなことは申し訳ないと思いますか。やっぱり自力で頑張るべきだと思いますか。それなら、今日の聖句をもう一度読んでください。そして、書かれた通りにするのです。感謝が溢れ、主を讃えることがあなたのすることです。