ディボーション

HeidelbergerinによるPixabayからの画像
HeidelbergerinによるPixabayからの画像

11月18日(月)

主が勝利を得られるために、兵の数の多少は問題ではない。

サムエル上14:6

 

私たちは、主の御力がどれほど偉大であるかを知っています。困難に直面した時、私たちの力では勝てないとわかる時も、信仰は私たちを励まします。あなたの主は強いお方。あなたの力がどれほどであるかが問題ではない。また、敵の数が多く、力が強いことも問題ではない。主は、あなたを勝利させる事がいつでもできるから。そうです。あなたは負ける必要はないのです。勇気を出しましょう。あなたのために主が戦ってくださいます。ですから、主に祈り、神に頼りましょう。クリスチャンは、どんな困難も、主の助けによって乗り越える事ができます。あなたがなすべきは、主への讃美です。主が既に勝利されたと信じて感謝を献げるのです。

SchwoazeによるPixabayからの画像
SchwoazeによるPixabayからの画像

11月17日(日)

サムエルはサウルに言った。「あなたは愚かなことをした。あなたの神、主がお与えになった戒めを守っていれば、主はあなたの王権をイスラエルの上にいつまでも確かなものとしてくださっただろうに。

サムエル上13:13

 

サウルは王になったので、主を信頼するかそれとも自分を頼みとするか試みられました。それは、極限状態で試練がやってきたのです。圧倒的に有利な敵と戦争しなければならないのです。しかし、味方は怖気ずいて敵前逃亡をはかる者がどんどん出ています。戦う前に負けてしまいそうです。一刻も早く神様に必勝祈願をしたいのですが、サムエルがなかなかきません。しびれを切らしたサウル王は、祭司でないのに待ちきれずに自分で犠牲を献げ必勝祈願をたてたのです。その後すぐにサムエルが来て、試験は見事落第したと告げられるわけです。その言葉が今日の聖句箇所です。高名なラビのヒレルは「忍耐力のない人は教師にはなれない」と言っていますが、忍耐力のない人は王にもなれません。そして、信仰生活を長く送れば、皆、主を信頼できるかどうか試され、試練が与えられてきたはずです。それほど、主を信じる事が重要なのです。何があっても、主を信頼しましょう。