2019年11月ディボーション

11月1日(金)

わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走り通し、信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです。正しい審判者である主が、かの日にそれをわたしに授けてくださるのです。しかし、わたしだけでなく、主が来られるのをひたすら待ち望む人には、だれにでも授けてくださいます。

Ⅱテモテ4:7、8

 

ラグビーのワールドカップが日本で開催され、日本チームは実によく戦い、日本中を熱狂させました。ラグビーの試合を観た事のない人たちが日本チームの戦いを立派に戦い抜き、ひたむきな献身と規律を見たのです。そして、深い感動を味わいました。今日のパウロは、まさに競技者のように、キリストと出会って変えられた自分の人生を戦いになぞらえて、立派に戦い抜き、決められた道を走り通し、信仰を守り抜いた、と言い切っています。私たちの寿命があとどれぐらいあるのはか知りませんが、クリスチャンになったあの日から、私たちは、ひたすら戦い続け、走り続けているのです。パウロのように命がけで伝道して教会を建てていくような事はなかったとしても、一人の信仰者として、頑張ったはずです。時にはくじけるようなことが起こったかもしれませんが、いまだ信仰を持ち続けていることが素晴らしいことなのです。これは、紛れもなく人生をかけた戦いです。しかも、私たちが属しているのは、キリスト・チームでリーダーはイエス様です。仲間がいて、互いに励まし合い、神様への信仰を鼓舞しています。しかし、パウロがそうであったように、これは長丁場のマラソン競技のようです。いくら仲間がいたり、コーチがいても、走るのは一人自分なのです。代わりに走ってくれる人はいません。だから、苦しい時や孤独に感じる時も、イエス様を信じて乗り切るしかないのです。「決められた道」とあるように、神様が私たちのための道を決めておられるます。それを走れば、必ずゴールに向かい、走り通せば、義の栄冠が待っています。それを知っているので、私たちは信仰を守り抜こうと決めているのです。人生最高の感動が最後に待っています。私たちを天国へ連れ帰るために迎えに来られるイエス様を、私たちはこの目で見るのです。その時は刻々と近づいているのです。

 

11月2日(土)

あなたは、彼らに悟らせようと、あなたのいつくしみ深い霊を賜わり、彼らの口からあなたのマナを絶やさず、彼らが渇いたときには、彼らに水を与えられました。

ネヘミヤ9:20

 

これは、神がイスラエルをエジプトから救い出し、荒野を約束の地へと導いた時のことを言っています。私たちもエジプトであるこの世から救われ、新天新地である新エルサレムへと荒野を旅しているのです。信仰を持って生きる者へ、神がなさった事は最善でした。聖霊をくださったのです。これは、慈しみ深い霊です。犯罪者のドキュメントが放映されていましたが、彼らが幼少期に実の親に愛されないで虐待されていたことを異口同音に語っていたことに心を痛めました。人間が一番弱い時に親に愛される事の重要さは、その人の一生を左右することになるのです。そこから、人間不信になり、社会ルールを守る意味がなくなり、犯罪へと道ができてしまったのです。罪とはそういうことなのです。神の愛を裏切り、断絶し、神に背を向けて逃走する姿が罪人です。その罪の解決無しには人間を救う事はできないのです。ですから、罪の奴隷であった者を力ずくで救い出し、まっとうな人生を生きることができる者へと変えるために、愛される事、大切にされる事、つまり慈しみ深い主の愛を体験させる事でリハビリすることが必要だったのです。犯罪者たちは、親から食べ物を与えられることもなかったとつぶやきます。だから、自分でなんとかしなければならなかったのですが、子供には無理なことです。そこから、心が壊れていくのです。イスラエルにも、神は荒野で何もない中、マナを与え、水を与え、養うのです。生きることができるようにしてくださる神がいます。私たちは、聖霊の恵みの中にいるのです。人に誤解され、理解されなくても、聖霊はちゃんと理解してくださいます。いつでも、私たちは慈しみの中に生きているのです。霊的な飢え渇きが起こらないように、主は毎日世話してくださるのです。主に心を開けば、私たちは主の愛に満たされるのです。その愛が、私たちを真の姿、神の子へと変えるのです。

 

11月3日(日)

主に従う人はとこしえに揺らぐことがない。彼はとこしえに記憶される。彼は悪評を立てられても恐れない。その心は、 堅く主に信頼している。

詩篇112:6、7

 

私たちの敵は、悪魔です。ですから、何をしてくるか想像もできないのですが、多くの場合、単なる不運であったり、何か誤解があって誹謗中傷されたり、よもや悪魔が背後にいて働いているとは思ってもみないような出来事が起こるのです。私たち日本人は、特に批判に弱い国民なので、無難に済まそうとする傾向が強いのです。だから、独創的なアイディアがそれほど評価されずに、可でもなく不可でもない程々のことで済まそうとするのです。これは、島国根性と揶揄されることと直結しているでしょう。だから、欧米では通用しないと言われてしまうのです。これが、教会での信仰生活にまで及ぶとまずいことになります。信仰に固く立ち、聖書の真理を高く掲げると、主は喜んでくださるでしょうが、教会の中で悪評が立つということが起こることがあるのです。そのためには、悪魔は暗躍します。悪いことをしていないと思っていても、自分の知らないところで、悪評を立てられると人を恐れ、揺らいでしまう人はいるでしょう。しかし、今日の聖書箇所では、それを跳ねのける人が登場します。彼は、「悪評を立てられても恐れない」と書かれています。それは、「堅く主に信頼している」からなのです。聖書を思い出していただけば、イエス様もそうでした。パウロもそうであることがわかるでしょう。ダビデも同じです。ですから、正しく生きることが基本ですが、それでも人間関係では相手の受け止め方で、悪く言われてしまう場合もあるのです。自分の正義と相手の正義が異なっていることだってあります。さらに、悪魔が嫌って攻撃を仕掛けているならば、とことん追い詰められるかもしれません。それでも、主に従うことです。悪評が立つと、おそらく弁明のチャンスもないでしょうし、何を言っても信じてもらえないでしょう。だから、恐れると信仰が弱くなるので、恐れずに、主に信頼を置いて、自分が揺らがないようにしていただき、主が解決すると信じていればいいのです。それで、特に困ることもありません。ただ、罪を犯さないことが重要です。悪評を言い立てている人を恨んではなりません。誰が言っているかなど知らない方がいいのです。私も聖霊のことを語り続けたので、悪評を立てられたことがありますが、その多くは全く関わりのない知らない人たちでした。悪魔は人の心を掻き立てるので、とんでもないことをしてしまうことがあります。よっぽど信仰に生きていなければ、自分は大丈夫とは言い切れないのです。そして、自分が弱ければ弱いほど、主を信頼し尽くすことが大事です。主は、賢明に助けてくださいます。だから、悪魔の挑発や誘惑に負けてはいけないのです。主を賛美し、祈り、堅く主を信頼しましょう。

 

11月4日(月)

わたしたちの神、主の喜びが、わたしたちの上にありますように。

わたしたちの手の働きを、わたしたちのために確かなものとし

わたしたちの手の働きを、どうか確かなものにしてください。

詩篇90:17

 

私たちは神様を信じていますから、喜びも主から来ます。私たちを神様が見て、喜んでくださることが私たちの願いなのです。日々の暮らしで、多くの人たちは、何かしら仕事をしていますが、その仕事がいつでも安全でうまくいけば喜ぶでしょう。しかし、同じ仕事でも、いつも同じというわけではないし、何か障害が起こることもあるでしょう。誰かと一緒に働いたり、お客様と交渉することだってあるかもしれません。だから、人間関係が順調で安心できる必要があります。初めての仕事や、困難な大きな仕事にも関わるかもしれません。何より、生きるために働いている者にとって、一日一日の仕事が無事に終わることが何より大切なのです。伝道者は伝道を、牧師は牧会を、預言者は預言を、使徒は使徒の働きを、それぞれ使命のある者たちは、その働きが確かなものとなるように祈るのです。そのことが主の御目にかない、主の喜びとなり、その喜びが私たちの上にあることがクリスチャンの願いなのです。今日も、あなたの手の働きを、主が、あなたのために確かなものとしてくださいますように。

 

11月5日(火)

「・・・今まで祈っていたのは、訴えたいこと、苦しいことが多くあるからです。」そこでエリは、「安心して帰りなさい。イスラエルの神が、あなたの乞い願うことをかなえてくださるように」と答えた。ハンナは、「はしためが御厚意を得ますように」と言ってそこを離れた。

サムエル上1:16~18

 

サムエル記の始まりは、エルカナという男に二人の妻がいることから始まります。これだけで、大変な予感がしてきます。片方には子供が生まれ、もう片方には子供が生まれません。そこから、子供を産んだ方のぺニナが夫に愛されてはいたが子供を産んでないハンナを敵と見て苦しめたのです。人間の悩みとはこのようなことなのです。さらに、信心深いエルカナは、毎年シロの神殿に犠牲を捧げに行っていたのです。そこでの家族の食事で、主人が妻と子供たちに、いけにえの分け前を与えるのですが、子供のいるぺニナとは違って、ハンナには一人分を与えます。それがとても悲しく辛く感じたのです。そこで、神殿に行って、主に祈ります。それが今日の聖句の箇所です。祭司は、ハンナが長らく祈っているのを酔っ払いと勘違いします。霊能洞察力がが高いとは言えませんが、それでも神様に仕える祭司ですから、ハンナに大切なことを言いました。「イスラエルの神が、あなたの乞い願うことをかなえてくださるように」と言ったのです。これは霊感があったのだと思わせます。事実、その後、落ち込んでいたハンナが元気を取り戻し、さらに待望の子供を授かるのです。その子供がサムエルです。彼こそが真の国の指導者になります。偉大な預言者の出生の経緯がこのようなものであったことも、興味深いのです。祈りで大切なことは、心を全部注ぎ出すように、祈りきることです。それは、祭司が「安心して帰りなさい」と言ったように、心に平安が訪れるまで主に祈りきることです。そして、ハンナの「はしためが御厚意を得ますように」ですが、これは、神様が信じる者たちにくださる過分な恵み、ありえない親切、具体的な厚意です(ヘブルごでへセドと言います)。つまり、ハンナのように祈りが聞かれて子供を授かるようなことは、神様にしかできませんが、ハンナには何の功績もないのに、ただ憐れみを持って大きな恵みを与えてくださる主がおられるのです。祈りが聞かれたと信じて感謝することも大切なことです。ハンナの言葉にはそのことが表れています。

 

11月6日(水)

主の慈しみに生きる者の足を主は守り、主に逆らう者を闇の沈黙に落とされる。人は力によって勝つのではない。

サムエル上2:9

 

これはハンナの祈りですが、私たちにも関わりがあります。ハンナには避けることも逃げることもできない敵がいました。それは、もう一人の夫の妻ぺニナです。人間的にみると圧倒的にぺニナの方が有利です。子供を産んだからです。しかし、夫に疎まれているのではなく、愛されているのに、子供を産むことができないのですから、自分に自信を失い、悲しみに胸が押し潰されそうになったことでしょう。このような状況で、増長したぺニナはこれみよがしにハンナをいじめたのです。そして、ハンナは神様に泣いてすがり、とうとう祈りは聞かれ、待望の子供に恵まれました。この物語が、人の心に残るのは、真面目に暮らしていても、自分ではどうすることもできないことがあって、そのことで惨めにされ、さらにそんな自分を苦しめる敵が現れるということです。敵というのは故意に自分を攻撃してくるという意味です。しかし、神様を信じている者には、逆転勝利があるのです。さらに、このハンナの祈りは預言であると言えます。「勇士の弓は折られるが」(4節)と書かれている箇所は、敗戦の徴が見られます。今日の聖句の初めに「主の慈しみに生きる者」はサムエルとダビデのどちらにも当てはまります。そして、サウルが敵役になります。事実、「主に逆らう者」を演じることになります。そして、戦国時代に突入していくのですが、一国の王であるサウルとその軍隊に命を狙われるダビデがどうなって行くのか、その結末を知ると、「人は力によって勝つのではない」という真理が分かるはずです。信仰を持っている人は、常識を超越して、勝利することができます。苦しみの渦中に立たされたなら、この聖句を思い出してください。勝つのは、主の慈しみに生きるあなたなのです。

 

11月7日(木)

主は来てそこに立たれ、これまでと同じように、サムエルを呼ばれた。「サムエルよ。」サムエルは答えた。「どうぞお話しください。僕は聞いております。」

サムエル上3:10

 

これは、預言者が誕生した瞬間の物語です。この時代は、預言者のことを先見者と呼んでいました。誰もが預言者(Ⅰコリント12:28)になるわけではありません。霊の賜物として預言することは、クリスチャンにも起こりますが、サムエルのそれとは違っています。これは、預言者の賜物です。一生が預言者として生きるわけです。責任が重く、その言動の全てが信仰者たちに大きな影響を与える人です。一方霊の賜物としての預言(Ⅰコリント12:10、同14章、参照)は、クリスチャンなら誰でもが与えられる性質のものです。例えば、聖書の御言葉を語ったり、愛を語ったりすることも預言であることが多いのです。説教も預言と言えるでしょう。そして、重要なことは、主は名前を呼ばれるということです。しかも近くまで寄って来られるのです。その時に、サムエルが言った言葉の通りに、「どうぞお話しください。僕(あるいは、はしため)は聞いております」と言えればいいわけです。ただ、このような召命のある者は、少ないのです。サムエルが現れた時代でも、少なくなっていたのですから、今のように世俗化が教会にまで浸透した時代には、稀になるのも致し方ないのかもしれません。預言者としては召されないかもしれませんが、それでも、主の御声を求めて祈ることはできます。大切な場面では、きっと主の御声を聞くことでしょう。普段は聖書の中から御言葉によって御声を聞くことが安全なこととなるでしょう。

 

11月8日(金)

兵士たちが陣営に戻ると、イスラエルの長老たちは言った。「なぜ主は今日、我々がペリシテ軍によって打ち負かされるままにされたのか。主の契約の箱をシロから我々のもとに運んで来よう。そうすれば、主が我々のただ中に来て、敵の手から救ってくださるだろう。」

サムエル上4:3

 

ペリシテ軍との戦争が始まり、初戦イスラエルは負けます。その時の長老たちの反応が今日の箇所です。契約の箱はシロに安置されていました。そこに人をやって取りにいかせたのです。これは、神が言われたことではありませんでした。長老たちが戦争に勝つために勝手に神を戦場へ運んできて、敵を撃っていただこうとしたのです。エジプトを負かし、カナンの先住民を負かし、圧倒的な神の御力をこの地に住むペリシテ人も知っていたのです。そして、それは恐怖でした。イスラエルの恐ろしい神が陣営に運ばれて来ると知ったペリシテ軍は震え上がりました。しかし、ここで死に物狂いで戦わなければ、イスラエルの奴隷になると思ったので、彼らは狂気のように戦ったのです。結果は、イスラエルの大敗で終わりました。さらに、悪い知らせは、契約の箱を運んできた祭司襟の二人の息子たちも戦死したことです。ただ、彼らが神を侮り、神殿で悪事を働いていたことの報いであったとわかります。そして、最悪なことはまだ続き、契約の箱が敵に奪われてしまったのです。その知らせは、祭司エリのショッキングな死となりました。悪いことをしている息子たちを諫めなかった報いと思われました。私たちは、時々、自分の目的のために神を使おうとしてしまうことがあるかもしれません。それは絶対にしてはいけないことです。そのことは、今日のイスラエルのしたことの結果でわかります。私たちは神に仕えているのであって、神を利用してはいけないのです。また、悪事を正さないことも問題になります。特に神に関わることでは絶対です。神を汚すようなことをしてはいけないし、そうしている者を放置してもいけないのです。神への畏敬の念が自分にあるかないかよく吟味してみるべきです。子供たちや孫たちもそれを見ているのですから、敬神の念を日々あらわして信仰の喜びを見せることもとても大切なのです。

 

11月9日(土)

主の御手はアシュドドの人々の上に重くのしかかり、災害をもたらした。主はアシュドドとその周辺の人々を打って、はれ物を生じさせられた。アシュドドの人々はこれを見て、言い合った。「イスラエルの神の箱を我々のうちにとどめて置いてはならない。この神の手は我々と我々の神ダゴンの上に災難をもたらす。」

サムエル上5:6、7

 

ペリシテ軍は神の箱を持ち帰ってしまった。そのために、恐ろしいことが始まった。腫れ物が伝染病のように広がったのだ。そして、死ぬ者が増え始めた。次の都市へと移動しても、同じことが起こるのだ。どこでも恐慌が起こり、とうとう彼らは、この神の箱をどうすれば良いのかと途方に暮れるのだった。ここに出て来る、ペリシテの祀っている神は、ダゴンといった。ダゴンはバールの父である。ダゴンは、BC2500頃、メソポタミヤで礼拝されていた。そのダゴンが神の箱が置かれたことにより、倒され、最後には頭と両手が切り取られていたのだから、ペリシテ人の恐怖は尋常ではなかったはずだ。それなのに、単なる人の手で作られた偶像であることを悟ることはなかったのだからどうかしている。このようにして、イスラエルの神の本当の怖さを彼らは知ることとなった。イスラエルの神が弱くて、戦争に負けたわけではなかった。イスラエルの不信仰によって、敗戦し、神への冒涜がイスラエルの不名誉となり、屈辱となったのだ。しかし、トバッチリのようにペリシテも大きな代償を支払うことになった。私たちの神は、このように圧倒的に力を持っておられ、不用意に不敬なことを行えば、命すら危うくなる。決して、侮らずに、畏敬の念をもって従順に仕えるべきお方なのである。信仰を持って接すれば、愛情深く慈悲に富んだ神として知ることができる。それにしても、ペリシテ人たちは、軽率に神の箱を分捕り物として持ち帰ったことを後悔したに違いない。このように、神は生きておられ、力と栄光に富んだお方であることを覚えよう。

 

11月10日(日)

主はベト・シェメシュの人々を打たれた。主の箱の中をのぞいたからである。主は五万のうち七十人の民を打たれた。主が民に大きな打撃を与えられたので、民は喪に服した。

サムエル上6:19

 

ここでは、ペリシテ人のもとから契約の箱がどのような理由で戻されたかが詳細に描かれている。そして、契約の箱がたどり着いた場所が、ベト・シェメシュであった。この住民は、契約の箱であることを理解して喜び、レビ人が契約の箱を安置し、主へ犠牲を献げた。ここまではよかった。しかし、彼らは好奇心に負けてしまった。箱の中をのぞいて見たかったのだ。そのために、まさか死ぬとは思ってもみなかった。そして、箱の中をのぞいて、七十人もの人たちが主に打たれて死んでしまった。彼らの不敬の結果だが、その衝撃は大きく、ベト・シェメシュの人たちは喪に服したのだ。映画「レイダース」でも、契約の箱の蓋を開けて見た者が皆死んでしまう場面があった。聖書のこの箇所から着想を得たのだろうが、神との接し方がこれで教訓となった。地上にある人間は天にある神と神聖さにおいて圧倒的な距離がある。人間は聖であるとは言わないが、神は聖である、とは真理なのである。そこで、興味本位に神に近づくことは危険な行為であると知るべしであるが、信仰においては神に近づくべきなので、動機が問われる。契約の箱には、十戒の石の板とマナの入った壺、それにアロンの杖が入っているはずだ(ヘブライ9:4参照)。もし、契約の箱が目の前にあったなら、蓋を開けて中に何が入っているのかのぞいてみたくなる気持ちもわからないでない。しかし、契約の箱を移動できるのもレビ人によることを知っていたのに、軽率にも神を恐れずに、軽挙妄動に出たのである。私たちも、神への軽率な行為がないか、いつでも気をつけるべきなのだ。不敬の罪だけは犯したくないものだ。

 

11月11日(月)

イスラエルの人々はバアルとアシュタロトを取り除き、ただ主にのみ仕えた。

サムエル上7:4

 

イスラエルは、カナンの偶像を拝んでいました。神の契約の箱は敗戦の結果ペリシテ人に奪われましたが、主の箱の脅威に返してよこしました。その結果、キルヤト・エアリムに安置されたまま、なんと20年が過ぎたのです。イスラエルの民は、主を慕い求めていました。そこで、サムエルは「心を尽くして主に立ち帰る」ように指導します。彼らは、偶像の完全な排除を求められたのです。誰を拝むのか、誰を神とするのか、これほど重要なことはありません。彼らが偶像を捨てて、主に立ち帰ると、奇跡が起こり、大きな脅威となっていたペリシテ軍を神の力によって奇跡的に打ち破り勝利してしまいます。私たちも、心に余計なものを入れてはいけません。自分と主を引き離すようなものがあれば、それを処分してしまいましょう。心の中にイエス・キリスト以外の偶像があれば、心から排除し、清める必要があります。そして、ただ主にのみ仕える、ということを忘れないことです。私たちに必要なことは、心の点検をすることです。主以外のものが心を占めていないか考えてみましょう。「主に仕える」ことに反するものは、躊躇なく捨て去り、清めの祈りをしましょう。主の奇跡が起こりやすいように、主への信仰を表明しましょう。

 

11月12日(火)

民はサムエルの声に聞き従おうとはせず、言い張った。「いいえ。我々にはどうしても王が必要なのです。王が裁きを行い、王が陣頭に立って進み、我々の戦いをたたかうのです。」

サムエル上8:19

 

王がどうしているのか不思議になります。人間の歴史の中で、大きな出来事は、フランス革命のように王政を廃止したことです。王が人間の始めからいたのではなく、人間が王政を始めたのです。人間にとってリーダーが必要であることは必然でしたが、イスラエルは預言者が裁きを行い、リーダーとしての役割を担っていたのです。預言者という意味は、実際には神様が治めていたということです。敵が攻めてきたり、生きて行くことに不安を感じる時、私たちは神様に頼りたくなるでしょう。その神様の立てたスポークスマンが預言者です。つまり、直接ではなく間接的ではありますが、神様と会話できるということです。そのような恵まれた仕組みがあったのに、その預言者であるサムエルの息子たちが堕落してしまっては、頼れなくなります。そこで、隣国のように我々にも王を与えてくださいというのは、人間的に理解できる自分たちの命を守る仕組みだったのです。人間が保護してくれるのには、当然コストがかかります。それでも良いとイスラエルの民は考えたのです。私たちもより良い生活を保証してくれるリーダーを求めているのでしょう。しかし、それが人間であれば、保証などできるはずがありません。確かなことは、主イエス・キリストを信じて生きることです。私たちの絶対安心できるリーダーはイエス様だけです。そのことがわかれば、どこに住んでいても心配ありません。

 

11月13日(水)

昔、イスラエルでは神託を求めに行くとき、先見者のところへ行くと言った。今日の預言者を昔は先見者と呼んでいた。

サムエル上9:9

 

イスラエルのリーダーは、先見者でした。今では預言者と言う方がわかるでしょう。士師時代を通じて、先見者が国を治めていたのです。今や王を立てて王国時代を迎えようとしています。サムエルは偉大な最後の先見者です。王国時代からは預言者と呼ばれます。では、現代は預言者はいるでしょうか。少なくなりましたが預言者はいます。ただ、世俗化している世界では、預言者は受け入れられていないようで、預言者を認めない教会は多いでしょう。聖書には「預言することを熱心に求めなさい」(1コリント14:39)とありますが、実際には求めることもなくなっているのです。それは、偽物や狂信者が現れることを恐れているからかもしれません。神託を今でも必要とする場面があります。そのような時には、預言者がいればと思うでしょう。ただ、終末には「偽預言者も大勢現れ、多くの人を惑わす」(マタイ24:11)と聖書に書いてありますから、難しいところです。聖書に調和しているかどうかで、見分けるしかありません。私たちも知らずに、神様に用いられて誰かに預言として、励ましや愛の言葉を語っているかもしれません。そうなりたいですね。

 

11月14日(木)

主の霊があなたに激しく降り、あなたも彼らと共に預言する状態になり、あなたは別人のようになるでしょう。

サムエル上10:6

 

サウルは王になる前に、聖霊が激しく降り、預言する状態になりました。聖書の言い方では、「あなたは別人のようになるでしょう」。クリスチャンも聖霊によって義と変えられて行きます。ただ、それは緩やかなものです。そのために、聖霊による変化がよく理解されていない事が多いのです。「大草原の小さな家」というドラマが大人気でした。そこに出てくるオルソン商店の娘のネリーが傲慢で意地悪な嫌な人でした。それが、大人になってユダヤ人のパーシバルと結婚して、別人のように良くなるのです。これが、聖霊によって信仰者が別人のように変わる事に似ているのです。人間は自分一人で立派な人格者になることは難しいのです。しかし、ネリーのように、夫を愛し、夫に愛されて、自分の欠点を直していくことは可能なのです。聖霊は、まさに真実の愛を持って人を変える事ができるのです。聖霊が激しく降る経験も重要ですが、その後のサウルを見ると、結局、神への不服従によって退けられてしまいます。ですから、聖霊の働きと同時に、自分の信仰と服従する意思が必要なのです。その事が実行されれば、聖書に書かれたように、聖なる者へと変えられて行くでしょう。

 

11月15日(金)

サムエルは民に言った。「さあ、ギルガルに行こう。そこで王国を興そう。」 民は全員でギルガルに向かい、そこでサウルを王として主の御前に立てた。

サムエル上11:14

 

アンモン人がヤベシュを包囲した時に、サウルは神の霊が激しく降り、イスラエルもユダもまとめて見事勝利しました。そこで、初めて民はサウルを王と認めたのです。戦で勝つ事は民を喜ばせ、自分たちの王としてサウルを立てることを良しとしたのです。王国にはその成り立ちの物語があるものですが、ここにもそれが記されているのです。一つの国を建てることは、このように民が一つになった時に可能なのです。危機が起こった時に、それは大きなチャンスが訪れたことでもあるのです。神様を信じる者にとって、最悪と思われる事が起こった時、神様がそれを逆転勝利へと導かれることができると信じることです。人間的にはどうして良いか分からなくても、主は人間が考えもつかない驚く方法で、易々と救う事ができるのです。ですから、いざとなれば主が助けてくださると信じていましょう。

 

11月16日(土)

主はその偉大な御名のゆえに、御自分の民を決しておろそかにはなさらない。主はあなたたちを御自分の民と決めておられるからである。

サムエル上12:22

 

あなたが仕えるべきお方はただ一人、主のみです。今日の御言葉の通りに、主はあなたを救い、あなたを決しておろそかにはなさらないのです。ですから、安心して、信仰生活を喜んで過ごせば良いのです。あなたはイスラエルの民のようになってはいけません。彼らは主を無視して勝手に自分たちの上に王を立てるように求めました。それが大きな罪であった事がわかります。しかし、人間の弱さは、時に不安から勝手なことを考え、行動してしまう事があるのです。主を信頼する事が信仰であれば、このことを教訓にする必要があります。信仰に生きる事は、実は楽な生き方なのです。主が良くして下さるので、それを認めて感謝して生きて行くのです。あなたの主は実に偉大なお方です。

 

11月17日(日)

サムエルはサウルに言った。「あなたは愚かなことをした。あなたの神、主がお与えになった戒めを守っていれば、主はあなたの王権をイスラエルの上にいつまでも確かなものとしてくださっただろうに。

サムエル上13:13

 

サウルは王になったので、主を信頼するかそれとも自分を頼みとするか試みられました。それは、極限状態で試練がやってきたのです。圧倒的に有利な敵と戦争しなければならないのです。しかし、味方は怖気ずいて敵前逃亡をはかる者がどんどん出ています。戦う前に負けてしまいそうです。一刻も早く神様に必勝祈願をしたいのですが、サムエルがなかなかきません。しびれを切らしたサウル王は、祭司でないのに待ちきれずに自分で犠牲を献げ必勝祈願をたてたのです。その後すぐにサムエルが来て、試験は見事落第したと告げられるわけです。その言葉が今日の聖句箇所です。高名なラビのヒレルは「忍耐力のない人は教師にはなれない」と言っていますが、忍耐力のない人は王にもなれません。そして、信仰生活を長く送れば、皆、主を信頼できるかどうか試され、試練が与えられてきたはずです。それほど、主を信じる事が重要なのです。何があっても、主を信頼しましょう。

 

11月18日(月)

主が勝利を得られるために、兵の数の多少は問題ではない。

サムエル上14:6

 

私たちは、主の御力がどれほど偉大であるかを知っています。困難に直面した時、私たちの力では勝てないとわかる時も、信仰は私たちを励まします。あなたの主は強いお方。あなたの力がどれほどであるかが問題ではない。また、敵の数が多く、力が強いことも問題ではない。主は、あなたを勝利させる事がいつでもできるから。そうです。あなたは負ける必要はないのです。勇気を出しましょう。あなたのために主が戦ってくださいます。ですから、主に祈り、神に頼りましょう。クリスチャンは、どんな困難も、主の助けによって乗り越える事ができます。あなたがなすべきは、主への讃美です。主が既に勝利されたと信じて感謝を献げるのです。